top of page
祈り人の言の葉

池田優 初個展
「祈り人の言の葉」

Online gallery

2021.9.14-9.20 吉祥寺のGallery re:tailにて、初めての個展となる「祈り人の言の葉」を無事に開催することができました。私自身の人生の大きな転換になった近況3年半のものを中心に、ずっと使い続けている透明水彩で描いた作品を展示させて頂きました。

作家活動を決心した7年目に、コロナ禍の中でも、これまでの感謝を伝えて、次のステップに進む機会となる個展をできるようしてくださったことに感謝します。

少しでも、会場の雰囲気と一緒に、思いが伝わりましたら幸いです。

個展風景

Story

祈り人は、心の灯火を照らしてくれるような温かな物語を日々綴っています。絵描きは、その物語と言葉をもとに絵を描いて暮らしていました。

 

祈り人は、旅をしながら、その絵を映写機に映し語り歩き、今日も誰かの光になっていました。

 

絵がない言葉は、飲み込むのに硬く、言葉がない絵は、何でできたかわからないぼやけた味の料理のようだから、

 

どちらもなくてはならない対になる存在として、自分を支えてくれた絵と言葉が、対になるような展示となりました。

この時世だからこそ、皆様の心にもほっと灯火が灯ることを願って。

-1-

​祈り人の言の葉

光の温かさと心強さを 伝える作品

「祈り人の言の葉」
作品「Collection」

-2-

大切なものは
目に見えない

<目に見えないもの>を<目に見える形>にしたのがこの「Collection」たち。 あなたが宝石を<貴重で美しい>と思ったのと同じように、<目に見えないものも、貴重で美しい>と伝えるために生まれた鉱石たち。 ただ宝石の美しさだけに心が向いて、この思いが忘れられることがないように。。。